キャンパスライフ

看護師への第一歩 戴帽式

看護師をめざす1年生が、一人ひとりナースキャップと看護の心を受け継ぐ厳かな式典です。
学校・病院関係者、ご家族や友人といった多くの方々から祝福を受け決意を新たに、看護師への第一歩を踏み出します。

戴帽式を終えて

看護学科 福岡県 山門高等学校出身 江島 舞華さん

戴帽式を終え、これから看護師になるという実感と責任をあらためて強く感じました。この半年間は勉強や技術練習など不安なことばかりでしたが、今は看護師になる姿を想像しながら一緒に頑張れる仲間と日々勉学に励んでいます。学校生活も仲間と一緒に取り組む活動や行事など楽しい事がたくさんあります。
先生や先輩方がいつも励ましてくださり、分からないことも寄り添って一緒に考えてもらえる環境で学べているのはありがたいです。実習に向けて不安はありますが、援助技術の練習をもっと積み重ねて安心・安全・安楽な援助が提供できるように知識や技術をしっかり身につけ多くのことを吸収したいです。

後輩へのメッセージ
不安なこと、大変なこともありますが、それ以上に学ぶことや得るものがたくさんあるので、看護師をめざす仲間とお互いに高め合って共に学ぶことができます。やりがいのあるとても素晴らしい仕事です。

[保護者の声]お母様

厳粛で立派な戴帽式に参加できとても感動しました。子供たちの顔は凛としていて看護師への道を一歩一歩、力強く歩む決意を感じさせてくれました。入学した頃は自分の夢を叶えるための勉強ができる喜びでいっぱいだったようですが、これからますます勉強も実習も難しくなり、乗り超えなければいけないことがたくさんあると思います。笑顔で前向きに同じ夢を持つ仲間と助け合いながら、人への思いやり、感謝の気持ちを忘れずに看護師としての姿勢をしっかり身につけ、初心を忘れることなく色んなことにチャレンジして頑張ってほしいです。