看護学科

 >  >  看護学科

看護学科

看護師とは

授業風景病院で患者さんの一番身近にいて、支えとなっているのはやはり「看護師」ではないでしょうか。看護師の仕事は診療の補助や患者さんの日常生活の援助、治療前後のケアだけでなく健康管理や患者さんとその家族に対する相談業務、訪問看護など医療・福祉の業務全般に関わっています。文字通り「手と目で護る」看護師は、これからの「チーム医療」を担うメディカルスタッフの中心となる重要な存在です。

▲Top

国家試験合格率

国家試験合格率

▲Top

学科の特長

充実した実習環境で看護を学ぶ

授業風景本校は「愛と誠実」を基盤に、そして「生命の尊厳」と「生命の平等」を大黒柱として、いつでも・どこでも・だれにでも、温もりと優しさを込めて専門的知識に裏付けられた看護を実践できる看護師の育成を目指しています。看護師を目指す上で学校を選択する際に、チェックすべき重要なポイントの一つが臨地実習ですが、本校ではそのほとんどを関連グループで実施します。実習施設が本校の教育理念を熟知した上で、本校を卒業した先輩看護師が実習指導に当たることで、実習しやすい環境を作り出し、患者さんへのよりよい看護ができるように学び合うことができます。患者さんの「生命」に寄り添う医療専門職として、学生生活もハードですし、決して楽な仕事ではありませんが、やりがいを感じられる仕事です。

▲Top

年間スケジュール

schedule.gif

学習の流れ

1年次

一般教養等の基礎分野および看護・医療全般の専門基礎分野を中心に学習。後期には初めての基礎看護学実習を行います。

2年次

看護学について深く学ぶ専門分野を中心に学習し、臨地実習では基礎看護学・成人看護学・老年看護学について行います。

3年次

5月から12月にかけての臨地実習では、在宅看護学・小児看護学・母性看護学・精神看護学についても行います。また、看護師国家試験に向けての学習が本格的に始まります。

▲Top

カリキュラム

curriculum.gif

▲Top

国家試験に向けての取り組み

1年次―自ら学ぶスイッチをONに―

この時期は「基礎知識の修得」を目的とします。一般教養、社会人基礎力を高め、「自ら学ぶこと」を刺激しながら、看護師に不可欠な人体の構造や機能を徹底的に学習します。また、疾病論は関連グループ病院の医師から講義を受け、さらに国家試験必修問題に対応できるよう基礎技術の修得に向けて、新たに開設するシミュレーションセンターを活用した学習を取り入れていきます。

2年次―自ら考えるスイッチをONに―

この時期は「根拠に基づいた看護の修得」を目的とします。各看護学で関連グループの看護師が系統別に1年次の基礎知識をもとに「自ら考えること」を刺激しながら各看護学を学習し、9週間の臨地実習を通して状況設定問題への対策に発展させます。また、シミュレーションセンターを活用した臨場感あふれる環境で看護実践力向上への学習を行い、国家試験対策に関連させた学習を進めていきます。

3年次―自ら成長するスイッチをONに―

この時期は「専門的な判断力と看護実践の修得」を目的とします。各分野の臨地実習を通して看護に必要な知識・技術・態度の統合を目指しながら自分の課題を見出し、「自ら成長すること」を意識しながら学習します。また、国家試験出題基準を照らし合わせ、小テストや補習講義、全国模擬試験および国家試験対策強化合宿等を計画的に実施します。さらにチューター制による学習指導を強化し、一人ひとりに応じた支援を行います。

授業風景

授業風景

▲Top

卒業生の声

看護師

既卒者
看護師になるまで
  • 4年制大学卒業
  • 一般企業へ勤務、退職
  • 大川看護福祉専門学校 看護学科 入学、卒業
  • 看護師として、医療法人社団 高邦会 高木病院勤務

出身が大阪なのですが、大学卒業後は、一般企業の事務職として働いていました。30歳になり、環境を変えようと、長崎に移住し、派遣会社に勤務していました。その頃、友人が病気であることがわかり、しかも症状が重く、医療について知識を得て、少しでも役に立ちたいという気持ちが芽生えこの仕事に興味を持ちました。また、年を重ねていく両親を見て、役に立ちたいそして、看護師であれば経済的にも安定しているので安心してもらえるのではと思い決心しました。

大川看護は、当時住んでいた所から近く、また、高木病院が実習病院であることなどから選びました。先生方は、看護師としての振る舞いなどを厳しく教えてくださいました。就職後に他の看護学校の学生と自分たちが学んできたことを比べると、きちんと教育してもらったのだと改めて感じ、この学校の卒業生でよかったと思います。 既卒者 また、現在高木病院に勤務しているのですが、大川看護の卒業生も多く、教えて頂いた先生方に会う機会も多いので安心感があります。

看護師としてはまだ1年目なのですが、常に笑顔でいること、忙しくとも優しさを持つこと、患者さんに丁寧に接することを心掛けています。看護師は、患者さんに「ありがとう」と言われる仕事ですので大変やりがいがあります。自信を持って人に勧められます。

▲Top

就職実績&データ

就職率 (新卒のみ)

平成2年開校以来、就職希望者の就職率は100

卒業生の主な就職先

【福岡県】
医療法人社団高邦会 柳川リハビリテーション病院、医療法人社団高邦会 高木病院、社会福祉法人高邦福祉会 柳川療育センター、公立学校共済組合 九州中央病院
【佐賀県】
佐賀県医療センター好生館、佐賀大学医学部附属病院、独立行政法人国立病院機構 嬉野医療センター
【長崎県】
独立行政法人国立病院機構 長崎医療センター
【大分県】
医療法人社団恵愛会 大分中村病院
【熊本県】
山鹿市民医療センター
【大阪府】
社会医療法人きつこう会 多根総合病院
【静岡県】
学校法人国際医療福祉大学 国際医療福祉大学熱海病院
【東京都】
江戸川病院
【千葉県】
公益財団法人化学療法研究会 化学療法研究所附属病院

▲Top

おすすめ授業紹介

看護の統合と実践Ⅰ

ph基礎看護学において、基本的な知識・技術を習得した後に、基礎的な判断力・看護実践力を養うために知識・技術を統合する統合分野の授業です。複数の事例について、グループワークで学習を進め、必要な看護について演習を重ね、OSCE(客観的臨床能力試験)を実施します。患者役や看護師として卒業生が協力してくれています。