本校 教務室

 >  > 7/7特別講演会「バイオリンとピアノのミニコンサート&中東イスラエルの話」開催

2010年7月 9日 16:16

7/7特別講演会「バイオリンとピアノのミニコンサート&中東イスラエルの話」開催

 7/7の七夕の日、本校3階講堂で、特別講演会「バイオリンとピアノのミニコンサート&中東イスラエルの話」が開催されました。
 イスラエル在住のバイオリニスト平田康子氏と、ピアニスト溝上由紀子氏の講師に迎え、二人の息のあった演奏で、バロック音楽からオペラそして民族音楽まで全10曲を楽しみました。その後、平田氏が、イスラエルの生活のエピソードなどを中心に講演、学生達は最後まで熱心に耳を傾けていました。
 今回の催しは、本校坂口登津子副校長が企画したもの。坂口副校長は、平田氏との出会いなどを紹介しながら「ぜひリラクックスして聞いてください」と学生達に呼びかけました。

バッハのメヌエットなど、耳なじみのあるクラシック音楽を中心に選曲されていたおかげで、誰もが楽しめる雰囲気でした。

また、演奏の合間には、曲にまつわる楽しい話題も。バルトークの曲では、どうしてもリズムがつかめずルーマニア人の先生が、踊りながら教えてくれたという話を披露。また、最後に、地元柳川の詩人北原白秋の「この道」を演奏にあわせて皆で合唱しました。

講演では、中東・イスラエルでの生活について語られました。夫がイスラエル人である平田氏はイスラエルで生活をして10年。あらゆる宗教の聖地を抱えるイスラエルならではの経験は、貴重なお話でした。シャバットといわれる安息日の話、日が暮れてからが、1日の生活の始まりといった文化の違いを、前向きに楽しんでいる平田氏の生き生きとした日常が目に浮かびました。

学生からも積極的に質問が出て、平田氏との楽しいやりとりも見られました。

最後に、学生から、花束贈呈、感謝の言葉が送られました。

国際看護の考え方を学ぶ意味でも貴重な講演でした。このようなひとときをまたすごしたいものです。

最新のキャンパスブログ一覧

2015/11/11
看護学科 戴帽式を挙行しました
2015/11/02
かんな祭(学校祭)を開催しました
2015/10/24
大川看護福祉専門学校・福岡国際医療福祉学院がRKBラジオ祭りに参加しました
2015/09/02
8/29 関連実習病院・施設見学会 介護福祉学科編
2015/09/02
8/29 関連実習病院・施設見学会 看護学科編
2015/09/02
9/1 介護福祉学科 くるくるレインボーを作ろう♪♪
2015/08/27
8/22 介護老人保健施設水郷苑で夏祭りボランティア
2015/08/24
8/16 オープンキャンパスの様子をお伝えします
2015/08/05
8/5 介護福祉学科 医療的ケア練習中
2015/08/05
8/1 オープンキャンパスでは卒業生の話を伺いました!

>> もっと見る

アーカイブ